オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
August 2014
M T W T F S S
« Jul    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
アイチエイジング

ボトックスは顔のしわやたるみがなくなるほかにも、皮膚のきめが細かくなり、美肌に導く効果もあります。
アンチエイジングと美肌効果により、生き生きと若々しい表情を生み出すことができるのです。
そのほかにも、小顔効果もありますし、歯茎が見えすぎる場合の治療などにも使われます。
こうしたボトックスの注入は、整形手術のように体にメスを入れる必要がないことから、傷口も目立たなくて済み、痛みもほとんどないことも人気の理由です。

アンチエイジングを求める人にとって、体に負担の少ないこうした施術により若返りを実感できるというのは非常に魅力的です。
美肌とアンチエイジングのために、ボトックス注射を受けてみるのもひとつの対策です。

注射

多くの日本人にとって、ボトックスはますます身近なものとなってきており、美容外科クリニックへ通院をすることが日課のひとつとして位置付けられることもあります。

インターネットユーザーの女性の間では、アンチエイジングや美肌対策について情報交換が活発に行われていることから、美容への関心の高さをうかがい知ることもできます。
将来的にも、ボトックスが導入されている美容外科クリニックで治療を受ける女性が増えるとみられており、各クリニックの医療体制にも注目が集まっています。

美肌

顔の筋肉を萎縮させることで、あご周辺にできた咬筋を原因とするエラを取り除き、顔を小さくみえるよう促すのです。
注射での投与ですので部分的にエラを取り除くことができ、凡そ一ヶ月程度で効果が現れます。
ただし、こうした気軽にできるアンチエイジングにもデメリットがあることを留意する必要があります。
注射器による投与となるため手間もかからず安全性が高い一方、美肌を目的に顔に投与した結果、表情が作りにくくなる場合があります。

注射する箇所にもよりますが、こうした麻痺に類似する症状は術後二週間程度続く可能性があるのです。
また、アンチエイジングといってもボトックスはあくまでもプチ整形であるので効果は一過性にすぎず、しわのない美肌は凡そ半年程度で元に戻ってしまいます。
アンチエイジングとしては魅力のあるボトックスですが、長期的に継続すべきかは要検討が求められます。

注射器

現在は、しわを消す以外に、小顔効果、軽度のわきがや多汗症の治療、花粉症の改善、痩身等を目的に使用されているようです。
しわに関しては、筋肉の収縮によりできる表情じわに対して効果が高く、痩身においては、ふくらはぎに使用されることが多いようです。
ボトックス注射を行った場合、効果が表れるまでに、数日から2週間程度かかると言われています。
効果が持続する期間は、だいたい4ヶ月から6ヶ月位のようです。

美肌治療としては、光治療器等を使用したものや、ピーリング等があるようです。
アンチエイジングとして、ボトックス注射や、美肌に効果があるとされるレーザー治療を採り入れている眼科も存在するようです。
肌に照射することで、美肌だけでなく、肌をひきしめたり、たるみや小じわを取ったり等の総合的なアンチエイジングができるレーザー治療は、手術をしたくない方、痛みに弱い方等に向いているようです。